セキュリティ対策での考え方の変化と、それに適応した対処を人間関係の面から、いくつか考えてみました。

セキュリティ強化されたマンションにすもう
セキュリティ強化されたマンションにすもう

セキュリティ対策と人間関係

最近のセキュリティ上の対策では、以前ととても変わったところがあるように思います。それは以前はウイルス対策ソフトの優秀なものを導入したり、ファイアウォールなどのシステムを導入すればインターネット関係のセキュリティは安心していられました。しかし最近は、それだけでは安心できないようになり、具体的にベンダー側の専門家のアドバイスを常に受けながら、何かがあった時に即対応できるセキュリティ対策の企業と契約を結ぶことが必要になってきました。その企業側も、そのことをよく理解していて、24時間体制で顧客の安全を確保するという体制が必要になり、そのように対応しているようです。今までのようなシステムを導入すれば良いという防衛方法では難しくなっているということでしょう。

それでできるだけ緊密なやりとりが出来るように、ベンダーと顧客が、いざという時の対応のために、常に情報交換を始めとした意思の疎通をしておかなければならないということになります。それは世の中での防災訓練のようなもので、その訓練をしていると、体が自然にその時には動くようになり、僅かな時間の対応が命を左右するというような場合でも対処できるようになりますが、セキュリティでの被害でも、そのような交流や情報交換で対処ができるようになるということになります。セキュリティの専門家までが、今までのシステムでは防御できないと言っていますし、侵入された後の対処に重点を移すべきだとも言っていました。そのことからも業者との交流がどれほど大切かわかります。一緒に防御していくという気持ちが基本になるということでしょう。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017セキュリティ強化されたマンションにすもう.All rights reserved.